ブログ

破魔弓

破魔弓・破魔矢


初正月の男の子の赤ちゃんに「無病息災」「魔除け」「厄払い」の願いを込めて、お正月飾りの破魔弓・破魔矢を贈る風習があります。

 

破魔弓は「弓」と「矢」がセットになっており、破魔矢は「矢」のみです。

 

魔除けや厄払い、災いを寄せつけず健やかに成長して欲しいという願いが込められています。

 

弓矢には邪気を払う力があるとされており、破魔弓・破魔矢を飾る習慣が鎌倉時代にできたそうです。また、破魔矢に使われている無患子(むくろじ)は植物の漢字のように「子どもが患わない」「病気にならない」というお守りの意味も込められてます。

 

お客様から多い質問で「どちらの方角に向けたほうがいいですか。」と聞かれるのですが、その場合はその年の区の方角に向けて飾るのが良いそうです。


カテゴリー: